連帯保証人とは

連帯保証人とは

債務者が自己破産などをして借金の返済ができなくなった
場合、自己破産した人の代わりに連帯保証人がその借金
を返済しなくてはいけなくなります。
連帯保証人は債務の支払について、債権者に対し、自己
破産した債務者と同等の義務を負っているからです。
債権者は自己破産した人間からの返済が困難だと判断した
場合、連帯保証人に対し債務者と同等の請求をする権利が
あるのです。

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人、言葉は似ていますが、その内容は全
く異なります。
連帯保証人には保証人と比べはるかに重い義務が生じます。
保証人には、債権者から請求が来てもまず債務者に請求する
よう要請する権利、債務者の財産から処分するよう要請する権
利、数人の保証人がいる場合その頭数で借金を割り返済額を
軽くすることを要請する権利があります。
しかし連帯保証人にはそれらの権利が一切ありません。
つまり債務者が自己破産などで支払い困難(不可能)になり、
債権者が連帯保証人に支払の請求を求めた場合、連帯保証人
はその請求金額の全額を返済しなくてはならないのです。

口約束でも連帯保証人になれる

連帯保証人は債務者と同等の支払義務を負います。
つまり債務者が自己破産をして、その自己破産した人間から
の返済が困難だと債権者が判断した場合、連帯保証人はそ
の破産者の借金を債権者に全額返さなくてはいけなくなるの
です。
そして、連帯保証人になる約束は口約束であっても有効なの
です。
気軽に口約束し、あとでそんなことは言っていないといっても
債務者が自己破産したら連帯保証人への取り立ては始まり
ます。
こんな自己破産のトラブルに巻き込まれないためにも気軽に
口約束をするのは絶対に止めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加