免責不許可

免責不許可事由とは

免責不許可事由とは文字通り免責が許可されない理由の
事です。
自己破産開始手続きが決定しても免責が許可されないと
自己破産後も債務の支払義務は無くなりません。
また、自己破産をした際に生じる様々なデメリットは免責を
受けると同時になくなりますが、自己破産手続き開始の決
定をうけても免責が不許可であった場合、債務返済の義務
が無くならない上に自己破産で生じるデメリットも受けなく
てはなりません。

免責不許可事由の具体例

具体的な免責不許可事由にはいかのようなものがあります。
・自己破産した人が申告するべき財産を隠す、あるいは壊す
などで、作為的に財産の価値を下げた場合。
・免責を七年以内に一度受けている場合。
・転売目的で商品を購入し、不当に安価な値段でそれを売却
して自己破産を免れようとしていた場合。
・自己破産を申請する際、裁判所に提出する書類に嘘の記載
があった場合。
・自己破産に至る原因がギャンブルや浪費により生じた莫大
な債務だった場合…などです。

浪費や賭博による免責不許可について

浪費や賭博により著しく財産を減少させたり多額の負債を
負った場合、免責は不許可になると破産法で定められてい
ます。
ただ、浪費に対する明確な定義が無くい事から裁判官の裁
量で免責が許可される事もあります。
ギャンブルが原因だから、クレジットカードによる浪費が原因
だからと自己破産を諦める前に、まずは信頼できる弁護士に
相談してみましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加