免責手続き

自己破産の申請をし、自己破産手続き開始の決定を受けて
も、それで債務を返済する義務がなくなったわけではありま
せん。
自己破産が認められた後に免責許可の申立てをし、それが
認められる事により、借金は帳消しになるのです。
ただ、自己破産の申請をした時点で免責手続きの申請をし
たこととなりますので、自己破産が決定した後に改めて免責
申請の手続きをする必要はありません。

免責許可の決定と確定

自己破産手続き開始が決定し、免責が決定し、免責が確定
すると、債務を返済する義務がなくなります。
ただし、免責されない債務に関しては免責が認められた後
でも支払わなくてはなりません。
また、自己破産したのち免責が確定すると自己破産者はそ
の状態から復帰し、破産者ではなくなります。
破産者ではなくなる、とは、自己破産によって生じるデメリッ
トから開放されることを意味します。

自己破産で生じるデメリットからの解放

自己破産手続きの開始決定を受け、自己破産をすると、
様々なデメリットが生じます。
ですが自己破産後に免責の申立てをし免責が決定した
時点で破産者という立場から復権しますので、自己破産
によって負うべきデメリットから解放されます。

免責許可を受けても免責されない債務について

自己破産が確定し、免責が確定しても免責されない債務
があります。
具体的には、税金、破産者が雇っている人の給料や預かり
金、身元保証金、親族間で支払義務のあるお金、わざと債
権者の一覧表に記載しなかった債権者に対する債務、悪
意に基づく不法行為によって生じた債務などです。
これらの債務は自己破産後も必ず払わなければなりませ
ん。
自己破産によって全ての債務が無くなるわけではないので
す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加