自己破産する前の準備

自己破産を申請する前にするべきこと

借金で身動きが取れなくなり自己破産することを決意したとして、
いきなり自己破産の相談の為に弁護士事務所を訪ねたり、自己破産の
申請をしようと裁判所に行っても上手に相談してもらう事はできません。

自己破産するに際し、自分でできる範囲の準備を自分でしておくことが
手続きをスムーズに進めるためには大切です。

自己破産する前に準備しておくべき事は、債務状況の整理、自分の財産
の確認、弁護士費用など金銭の用意などです。

自己破産前に債務状況を確認する

自己破産を決意したら弁護士に相談する前や裁判所を訪れ
る前に自分の債務状況を正確に把握しておく必要がありま
す。
自分の借金の状況を正確に説明できない状態で自己破産
の相談をされても弁護士も裁判所も困ってしまいます。
それでは自己破産の手続きがスムーズに進まないのは当
然です。
借金の額や債権者の情報を一覧表などにまとめてから自己
破産の相談に訪れるようこころがけましょう。

自己破産前にまとめるべき債務状況

自己破産する前に自分が抱えている借金の状況を正確に
まとめ、把握しておくことで自己破産の手続きがスムーズ
に進みます。
まとめるべき借金の状況を以下に簡単にまとめます。
借入先の住所、連絡先、何件ぐらい借入先があるのか、
返済日は何日か、今までにいくら返済したのか、債務残高
はいくらか、などを契約書、借用書、督促状などの書類をも
とにまとめます。
他には担保に入っているものを確認する、金融業者以外か
ら借金がある場合、その情報もまとめる、家計の収入状況
や、経歴、職歴など自分の情報をまとめる・・・などです。

自己破産前に財産状況を確認する

今、自分にどれだけの財産があるのかを把握しておくこと
で自己破産の手続きがスムーズに進みます。
自己破産前にまとめるべき情報は、現在の貯金額、給与
明細や源泉徴収表、不動産、換金できる車や宝石類、生
命保険など。
また、もらえるであろう退職金の額なども財産に含まれます。
自己破産を申し立てると裁判所から財産目録の提出を求め
られます。
そこで自己破産申請する前に事前に準備しておくと後々楽な
のです。

銀行口座を解約しておく必要性について

借金の返済を銀行引き落としにしている場合、自己破産の
申請をしても引き落としはとまりません。
弁護士費用や予納金などで、自己破産するには沢山のお金
が必要です。
自己破産すると決めたなら、その費用も含め全ての預金を
あらかじめ引き落としておきましょう。
そうしないと銀行に借金のある場合、自己破産申請後、預金
を借金の返済に充てられてしまうことにもなりかねません。
自己破産前には口座の残高を全額引き落とすか、口座を解
約する。
これを忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加