自己破産手続き開始の決定

破産原因

自己破産を裁判所に申請し、自己破産手続き開始の決定
を受けるためには破産原因が必要です。
自己破産が認められるための破産原因は、債務者が支払
不能状態であることで、他の原因は認められません。
つまり、どれだけ大きな借金を抱えていても、裁判所によっ
て債務者には返済するだけの能力がある、と判断された場
合、自己破産の申請は却下されます。

破産手続き開始が認められないこともある

破産手続き開始の手続きをしても、破産が認められないこ
ともあります。
その場合、もちろん免責の許可もおりず、借金はなくなりま
せん。
もちろん破産が認められないば場合、申請したからといって
破産者が受けるデメリットをこうむることはありません。

自己破産するだけでは借金はなくならない

自己破産開始手続きをし、自己破産開始の決定がでると、
債務者は破産者となります。
ですが、この段階では破産者であると認められただけで借
金がなくなったわけではありません。
自己破産とは借金の返済能力がないことを裁判所に認めら
れた段階でしかないのです。
借金をから開放されるにはこ免責許可申請の手続きをし、
それが認められなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加