自己破産の同時廃止

自己破産と同時廃止について

同時廃止とは自己破産する人に財産がない場合の自己破
産方法です。
自己破産しようとする人には財産がないのが普通です。
財産がないのに破産管財人を選任して自己破産の手続き
を進めても処分する財産がないので意味がありません。
そのため自己破産の手続き開始と同時に自己破産が確定
します。

自己破産を同時廃止にするための基準

自己破産する場合に財産がない場合は同時廃止になります。
同時廃止とは自己破産の手続き開始と同時に自己破産が決
定決定することです。
では自己破産を同時廃止にするための目安にはどの様なもの
があるのでしょうか。
自己破産手続きの費用すらない、家財道具等の財産しかなく
売却しても10万円
程度にしかならない、といった場合の自己破産は同時廃止に
になるようです。

自己破産における同時廃止の割合

自己破産しようとする人の約9割は同時廃止の決定をうけています。

自己破産する人に50万円程の財産がない場合は同時廃止になります。
財産がない場合の自己破産に破産管財人を選出しても意味がないからです。

自己破産しようとする人に財産がないのは当然ですのでこの割合になります。

自己破産する人が車を持っている場合の同時廃止

車を持っている人が自己破産をする場合その自己破産は同
時廃止として認められるでしょうか。
同時廃止とは自己破産する人に財産がない場合に自己破産
を即時決定する方法です。
ですからその車がある程度の価値がある場合同時廃止は認
められないでしょう。
目安として売却価格50万円以下だとその自己破産は同時廃
止、50万円以上なら管財事件になる可能性があります。

自己破産における異時廃止

自己破産する人に財産がある場合破産管財人が選任される
管財事件になります。
自己破産が同時廃止になるか管財事件になるかの目安は自
己破産する人の財産が50万円ほどあるかどうかです。
ただ、自己破産が管財事件と決定した後に自己破産者の財
産価値が減少し、破産手続きの費用が払えなくなる場合があ
ります。
その場合、破産管財人が財産を管理する意味がなくなります
ので、破産手続き廃止の決定がなされます。
これを異時廃止と呼びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加