自己破産と住居

自己破産したらすぐに家を明け渡さなくてはならないのか

自己破産が管財事件になると自宅も財産として破産管財人
に管理されることになります。
ですが、自己破産が決定したからといってすぐに自宅を明け
渡さなくてはいけないということではありません。
いずれは出て行かなくてはなりませんが、不動産などは売
却先が簡単に決まることはなかなかありませんので、売却
先が決まるまでの間であれば自己破産した後でもそのまま
住み続けることは可能です。
ただし、これは破産管財人の判断によって異なります。

ローン返済中の不動産について

自己破産が管財事件となった場合、ローン返済中の自宅で
あっても破産財団に組み込まれ、売却されます。
ただし、自宅が担保の抵当に入っていて担保割れをおこして
いる場合、その自宅を処分しても債権者に分配するお金を得
る事ができませんので、その場合、他に財産がなければ自
己破産が同時廃止になることもあります。
目安として担保の1.5倍のオーバーローンがあった場合、自
宅以外に財産が無ければその自己破産は同時廃止になり
ます。

自己破産したらアパートから出なくてはならないのか

自己破産したからといってそれを理由にアパートから出る必
要はありません。
自己破産した後もきちんとアパートの賃料を払っている限り、
そのまま住み続けることができます。
破産法改正以前の法律では借主が自己破産した場合、家
主は賃貸契約を解消できると定められていましたが、破産
法改正により自己破産を原因とした契約の解消はできなく
なっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加