自己破産と夜逃げ

夜逃げのデメリット

夜逃げしても逃げた場所に住民票を移すことはできません。
住民票の移動によって逃げた場所を突き止められるからで
す。
それによって生じるデメリットを考えると正直に自己破産す
るなどして解決するのが結果的には一番よいでしょう。
住民票を移動できないことによる具体的なデメリットをあげ
ると、就職が難しい、結婚離婚ができない、子供の入学問
題が生じる、健康保険に加入できない、借金ができない、
選挙権の行使ができないなどです。

夜逃げと消滅時効中断

消滅時効中断とは文字通り時効を中断させることです。
時効まで逃げることによって借金をゼロにしようと考えて夜
逃げしても、債権者が消滅時効中断の手続きをとることに
よってそれが不可能になります。
夜逃げは何の解決にもなりません。
借金が返せないときは自己破産する、又はその他の借金
整理の方法をとるのが絶対に良いでしょう。

夜逃げと回収屋

夜逃げされ、借金を回収できなくなった業者は債権を回収
屋と呼ばれる業者に渡します。
文字通り借金回収専門の業者です。
夜逃げしても遅かれ早かれ居場所は突き止められます。
そして、強硬な回収が始まります。
また、逃げている間にも当然借金の利息は膨らみ続けて
います。
夜逃げには、全くメリットがありません。
夜逃げするより、自己破産して一から人生をやり直す決断
をすることを強く勧めます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加