個人民事再生とは

個人民事再生とは個人が、自己破産をすることなく債務の
整理をする為に、債権者と債務者との話し合いにより債務
の減額等で再生する道を探す債務整理の方法です。
個人再生の場合、自己破産と違い借金がゼロになる訳で
はなく、借金を減額し、減額した借金を3年を目処として返
済する事となります。
自己破産に比べ安価で解決までの時間も短いのですが、
債務がなくなるわけではないので、自己破産を選択するの
が良いか個人民事再生を選択する方が良いかは、個人の
事情により変わるでしょう。

個人民事再生を受ける資格

個人民事再生を受けるためにも条件があります。
それは以下のようなものです。
・住宅ローンを除いた借金が5千万円以下であること。
・返済計画を実行できるだけの継続した収入があること…等。
サラリーマンなどの給与所得者ならまず問題ないと思われ
ます。

個人民事再生の費用

個人民事再生のメリットは自己破産と比べ安価な予納金で
手続きできるという点があります。
予納金は1万2千円程度かかります。
ただ、個人民事再生を債務者だけで進めるのは難しく、弁護
士を雇う必要があると思われます。
その際の弁護士費用はおおよそ30万円以上必要です。
そのほかに裁判所によっては個人民事再生を行う際に個人
再生委員をおくこともあり、その費用がかかる事もありますの
で、この点については裁判所に問い合わせて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加